MMK

会社案内

ご挨拶

拝啓
時下ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
さて、かねてより会社設立の準備を鋭意進めておりましたが、おかげをもちましてこのたび「株式会社MMK」を設立し、8月より業務を開始いたしました。
今後は皆様のご期待に沿いますよう、社員一同結束し邁進していく所存です。
何卒格別のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながらまずはホームページをもちましてお知らせ方々ご挨拶申し上げます。

敬具
2018年8月吉日


株式会社MMK
代表取締役 加藤亮

代表取締役 加藤亮 プロフィール

出身
昭和46年 愛知県
学歴
平成 6年 山梨大学化学生物工学科卒
略歴

大手メーカーに入社し、営業職で全国一位まで上り詰め、俳優へ転身。その後、芸能事務所の取締役に就任するが、プレイングマネージャーとして俳優業も続ける。後に芸能事務所を構え独立する。証券外務員一種の資格を有していたことから投資助言会社のコンプライアンス担当となり金融業界に進出。平成29年にAI開発に参画し平成30年7月に起業する。

 

案内

高度経済成長期

日本では戦後、復興に向かった経済は1955年から約20年にわたり、実質経済成長率は年平均10%前後の高い水準(欧米の2~4倍)で成長を続けました。

モノ不足で生活が困窮していた人々は、日本経済が成長したことにより豊かな生活ができるようになりました。

1970年~1980年代、金利が一番良かったのは郵便局の定額貯金で、10年利回り12%でした。これは年8.0%半年複利で、10年後に約2.2倍になるという計算です。

もらった給料を定期預金にすれば、2倍になったのです。貯蓄が好きな日本人にとって「利息だけで生活出来る」という夢のようなことが現実にあったのです。


現在の金利はいかがでしょうか?

いつまでこの低金利が続くのかは分かりませんが、貯蓄だけでは資産を増やすことは難しいです。

年金以外で老後の準備する場合は、貯蓄だけでなく資産の運用を考える必要があります。

そこで、株式会社MMKでは資産の運用のお手伝いができる商品開発に取り組んでいます。

「利息だけで生活出来る」
「楽して儲けたい」

貯蓄だけでは非現実的です。投資でこれらを現実にしたいという思いがあります。

バブル期に貯蓄から投資へという動きもありましたが、バブルの崩壊後、投資に恐怖心を抱えた日本人は投資から一歩遠のいてしまいました。

欧米に比べ、投資教育がほとんどないまま成人を迎える日本では、株式投資は怖い、儲からないというイメージが先行してしまっています。

株式投資をすでに取り組んでる方の多くは「楽して儲けたい」のに「大変な思いをして損している」ようです。

弊社の商品は簡単に読める書籍から、人工知能・AIが自動で行ってくれるソフトウエアまで、「楽して」「簡単に」というコンセプトでお客様に質の高いサービスをご提供します。

株式投資で失敗ばかりの人、まだ株式投資をしたことがない人も簡単に投資に参加できるので将来の資産運用にご活用ください。

Copyright © 2018 株式会社MMK All right Reserved.